まちなか そぞろ歩き

創業30年以上のお店と会社

サラダの店 赤とんぼ 香味野菜たっぷり自家製ドレッシング
うすい百貨店 今も昔も夢のデパート
柏屋本店 『つぶあん』はコーヒーで『こしあん』は牛乳で
やきとり おでん河童 Smoke gets in your eyes.
Bar かねよ 「ババァの居るバー(本人談)」
菊屋茶舗 『ありがとう』でありがとう
喫茶モナミ 湯気立つ銀皿の上の『ナポリタン』
源氏 『元祖肉処』
三松会館 「うまい・やすい・盛りがいい!」
正月荘 『郡山っ子』が恋する鯉料理
酒販 つたや 『大和川』そろってます!
西いせや 庶民の味方 地域の『一六銀行』
花ふじ 『花育(はないく)』のススメ
和久屋 郡山宿表参道、wakadannaがいるおみやげ屋

なかまち夢通り

旧奥州街道、宿場町として栄えた「郡山宿」の源流。のちに旧国道4号となり「中央通り」「うすい通り」の通称で親しまれてきたショッピングの中心地です。土・日・祝日の歩行者天国の日には、年間を通じてイベントが開催されています。

表参道

「なかまち夢通り」から、西へまっすぐ延びる石畳の路。そびえる鳥居は明治25年築。現在は、国道で分断されていますが、本来は安積国造神社の参道入り口。表参道を境に南が上町(中町・本町)、北が下町(中町・大町)と呼ばれています。

安積国造神社

あさかくにつこじんじゃ。安積の国開祖の宗廟、郡山総鎮守「八幡様」です。幕末の学者「安積艮斎(あさか ごんさい)先生」誕生の地でもあります。毎年9月27日~29日の秋季例大祭では、八幡ばやしを奏でる山車と本神輿三社・三十余町内の神輿が出て賑わいます。

代官小路

旧丸井から、「なかまち夢通り」までの小路。江戸時代に代官所が置かれていました。交差する南北の通り「陣屋通り」は郡山の代表的な夜のスポットです。

芭蕉通り

国道4号と旧奥州街道(北は大町通りから「なかまち夢通り」を経て南は本町まで続く)の間の細い道。蔵造りの町並みが残っています。かつて松尾芭蕉が歩いた道と言われています。

中町 和久屋旅館

イラストレーションは昭和61年(1986)当時の外観。江戸時代、交通の要地であった郡山宿は、最盛期には旅籠屋47件を数え、茶屋や呉服屋も立ち並ぶにぎやかな街でありました。
「和久屋」は天明3年(1783)より、この地にて旅館業を営み、商業の街の発展に寄与してきました。現在は商用テナント「和久屋ビル」となっております。

イラスト

中町 和久屋旅館 長尾勉

和久屋ブログ まめだん

いらっしゃいませー!

十二代目 若旦那が綴る「まめだん」です。

Twitterもどうぞよろしく。@wakadanna_w

ページトップへ戻る